Sandranic blog♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三週間前の話になるんですが、三重に行ってきました。



「三重って・・・何があるの?」



そう思ってた時期が・・・僕にもありました。







が!










あるんだよ!










三重には!










海が!










美味い海の幸が!!













そして・・・











鳥羽水族館が!!!







というわけで今回は「鳥羽水族館」、その魅力の一部を写真でご紹介♪

もはや怪物
多足ダコ。

エイリアン?いいえ、タコです
ほとんどエイリアンです。

マーズランキング8位
紋花青竜蝦(モンハナシャコ)。
某漫画で人気の生物。
深海のボクサー。
パンチがとにかく強烈で、衝撃力は自身の体重の100倍以上、速度は22口径弾と同程度。
人間には見えない特殊な光を見ることが可能で、色識別能力も人間の十倍。
甲羅がとても頑丈で、航空機などに用いられる「炭素繊維複合材」とほぼ同じ螺旋階層構造。
水族館でこの生物を見つけた時にJACKがとても興奮していた。
・・・あ、最後のはいらなかった?

模型です
一時期話題となった「ダイオウグソクムシ」の超巨大模型。
なにがどう話題になったのかは・・・ググれ!  ←適当

オッサンみたいな顔しとる
マナティーだったかな?ジュゴンだったかな?
どっちにしろなんか・・・・・オッサンみたいな顔してねぇ? (´・ω・`)

カブトガニ
兜蟹(カブトガニ)
裏側なんて初めて見た。

タカアシ
高脚蟹(タカアシガニ)
世界最大の節足動物。
蜘蛛みたいなヤツだね。

タコ~!
これはなんだったか・・・?
マダコ? ミズダコ?
とにかくでかい!




本当に一部しかご紹介しませんでしたけど、とにかく種類が多かったです!


某漫画で2位の電気鰻!

アロワナ・ピラルク・アリゲーターガー等々のでかい魚!

クリオネ!

不気味な生き物! ←(多足ダコもその一つ)

セイウチのショー!

他にも多種多様な生物が各コーナーに目白押し!

見ててホント飽きません!






さすがは 飼育種類日本一!






家族で行って楽しく見て回るも良し!
友達と行って和気あいあいとするも良し!
カップルで行ってリア充満喫するも良し!






オススメします!  ☆鳥羽水族館☆






最後は止まった民宿で早朝に撮った写真でお別れ。

おいでませ太陽

海辺で黄昏


またね~♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。